世界の高速鉄道

ヨーロッパの高速鉄道

蒸気機関車を発明したイギリスでも、高速鉄道は走っています。ユーロスターという名前になっており、パリとブリュッセルを結ぶ鉄道であり、フランスのTGVの技術を使っています。最高速度は時速300kmとなり、2時間15分で結びます。日本の新幹線が誕生する頃には、フランスではTGVが考え出されます。郊外で専用の路線を使い、1981年に開通します。最高速度は時速260kmですが、1990年に時速513kmをたたき出します。さらに2007年には時速574kmを出しました。

ドイツでは、ICEという都市間を結ぶ高速鉄道があります。1977年に時速200kmで運行を開始し、ケルン~フランクフルト空港間では、時速300kmで運行するなど、改良された車両も走っています。スペインでも高速鉄道は走っておりAVEと呼ばれ、時速は300kmとなっています。

2008年になるとマドリードとバルセロナ間を結ぶようになっており、在来線での移動時間よりも、3分の1に時間を短縮しました。ちなみに、他の国で見ると、イギリスやアメリカ、インドなどでも、高速鉄道の導入計画は出来上がっており、フランスなどの車両や、日本の車両を導入する計画が立てられています。

LINK