世界の高速鉄道

アジアの高速鉄道

上海では、トランスラピッドと呼ばれる高速鉄道が走っています。リニア方式の鉄道となっており、ドイツで研究が進み上海に導入されました。ドイツが研究を進めて世界に販売を行っている車両です。台湾では、台北と台湾南部の高雄を結ぶ鉄道が開通しており、2007年開業スタートします。

日本の新幹線が初めて海外で導入された事例であり、台湾新幹線とも呼ばれます。最高速度は時速300kmとなっており、従来4時間かかった移動時間が90分に短縮されました。当初はヨーロッパの高速鉄道導入が優勢となっていましたが、台湾大地震により日本が援助し、これにより新幹線導入が決定されます。

韓国では、ソウルと釜山を結ぶKTXが走っています。2004年に暫定開業し、2010年に完全開通を果たします。フランスのTGVの技術を導入しており、運行最高速度は、時速305kmとなっています。設計では350kmまでスピードが出ます。中国では、第6次鉄道高速化計画の一環として、2007年から高速鉄道が開通し運行されています。CRH型と呼ばれている車両であり、中でもCRH2型は東北新幹線などのE2系をベースとしており、試験運用で時速486kmを達成しています。

LINK